萩市須佐おもてなし協会オフィシャルサイト

おもてなし協会携帯サイト



須佐湾観光遊覧船のリアルタイム情報を手に入れよう!

QRコードを読み取って携帯からアクセスしてください


須佐観光協会QRコード

須佐おもてなし協会

【問合せ先】
須佐おもてなし協会
〒759-3411
山口県萩市須佐7905-1
つわぶきの館
TEL(08387) 6-2266
【ショップ】
 観光情報・物産・お土産なら
つわぶきの館
須佐ホルンフェルス横つわぶきの館
ホルンフェルス駐車場横


【ショップ】
観光情報・地元手作り土産なら
ふれあい
ステーション須佐

JR須佐駅駅舎内ショップ「ふれあいステーション須佐」
JR須佐駅駅舎内
TEL(08387) 6-3380


須佐観光スタッフブログ
山口県萩市須佐観光ブログ「ま.イッカ須佐!」

 

須佐おもてなし協会FBページ
須佐おもてなし協会公式フェイスブック

唐陶庵販売所 高ヒット [地図表示]
2012-1-11 15:23 投稿者: YAMA (記事一覧) [ 3718hit ]

 伝承と古文書によれば、往古大陸から陶工が須佐に渡来し窯を築き細々と煙を上げていた。後年文禄年間(1592年)頃九州唐津より陶工 (土谷家)がこの地を指してきて陶業を始めた。以来この地を唐津と称した。
 慶長5年(1600年)以降は、毛利藩主益田領主の保護を受け御用窯として窯の拡張をはかり毛利藩再興のため生産を高めた。この頃、(岡山市)から陶工(伊藤家)が移住し、元禄年間(1688年)頃、萩市松本の坂家から細工人が移住した。開窯以来、幾多の盛衰を経て幕末には11名いた陶工師も、現在は土谷家14代のみとなり須佐唐津にて陶煙(登り窯)をあげている。 現在は唐津の地において、須佐唐津焼直売店、唐陶庵(伊藤一男)がある 。主として、青磁、鉄釉(黒)、ビードロ(青・白)、藁灰、長石などの釉薬にて登り窯で焼き販売している。最も注目すべき特徴は 、中国や高麗に劣らぬ青磁器、鉄釉(黒)、藁灰釉が江戸初期より一子相伝で焼かれていた事。(青磁釉薬は、日本で一番古いのではないかと発掘調査現場の先生方の談)

住所/萩市大字須佐1665

開館時間/8:00〜19:00

TEL&FAX/08387−63869

アクセス/JR須佐駅より車8分

駐車場/あり

定休日/不定休

       

 

 

地図  [KML] [地図表示]
ホームページURLhttp://www.datadesk.co.jp/tnguide/toutouan.htm
電話番号08387-6-3869
FAX番号08387-6-3869
郵便番号759-3411
住所萩市大字須佐唐津1665
携帯で見る  URLを携帯に送る
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  次