おもてなし協会携帯サイト



須佐湾観光遊覧船のリアルタイム情報を手に入れよう!

QRコードを読み取って携帯からアクセスしてください


須佐観光協会QRコード

須佐おもてなし協会

【問合せ先】
須佐おもてなし協会
〒759-3411
山口県萩市須佐7905-1
つわぶきの館
TEL(08387) 6-2266
【ショップ】
 観光情報・物産・お土産なら
つわぶきの館
須佐ホルンフェルス横つわぶきの館
ホルンフェルス駐車場横


【ショップ】
観光情報・地元手作り土産なら
ふれあい
ステーション須佐

JR須佐駅駅舎内ショップ「ふれあいステーション須佐」
JR須佐駅駅舎内
TEL(08387) 6-3380


須佐観光スタッフブログ
山口県萩市須佐観光ブログ「ま.イッカ須佐!」

 

須佐おもてなし協会FBページ
須佐おもてなし協会公式フェイスブック

- >   >   > 
(16 件)
上のカテゴリへ地図表示
並び替え|タイトル |日時|ヒット数|現在の並び: タイトル (Z → A)
1 - 15 件目 ( 16 件中)   前 1 2
 高ヒット
2014-7-22 5:50  投稿者: ikamikuriya (記事一覧) [ 4059hit ]
 萩市須佐文化センターは、萩市須佐総合事務所横、須佐中央公民館併設施設です。
 高ヒット
2012-1-18 15:59  投稿者:  (記事一覧) [ 3696hit ]
 享保十一年(1726)、唐(中国)の船一隻が須佐湾に入り、水・食料を求めましたが、当時の鎖国令によってこれを拒否、三日間の砲撃により焼沈させました。その時、乗組員の遺体を須佐湾の入江に葬った場所を「唐人墓」といっています。■アクセス/ JR須佐駅から10分
 高ヒット
2012-1-18 15:40  投稿者:  (記事一覧) [ 5825hit ]
 須佐初代領主益田家20代元祥(もとよし)が、父藤兼の菩提寺とするため、弥富村にあった妙悟寺を移して建立、「大薀寺」と改めました。大薀寺は益田家初代から三十三代親施までの位牌が安置され、現在まで引き継がれてます。寺には室町時代に鋳造されたといわれている「梵鐘」など貴重な文化財も残されている。雪舟風庭園も見事です。■08387−6ー2434■アクセス JR須佐駅から3分■駐車場 あり 
 高ヒット
2012-5-24 13:20  投稿者:  (記事一覧) [ 6810hit ]
 応永17年当時の守護代、鷹頭弘忠創建と伝わる曹洞宗屈指の名刹で、かつては西の高野といわれるほどの隆盛を誇りました。また、室町時代西口の覇者として山口に栄華を極めた大内氏の終焉の地としても知られています。境内の至る所で紅葉が楽しむ事ができ、また、大寧寺川にかかる江戸時代前期造られた。山口県三奇橋のひとつである盤石橋との景色も見物です。■場所/長門市深川湯本1074■アクセス/JR須佐駅より車で約1時間30分■駐車場/あり■お問合せ/大寧寺 http://www.taineiji.jp/ 
電話番号0837-25-3469
FAX番号 0837-25-3646
郵便番号759-4103
 高ヒット
2012-5-22 13:48  投稿者:  (記事一覧) [ 6955hit ]
石見銀山は、島根県太田市にある。戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山。その最盛期の当時、日本は世界の銀の1/3を産出したとも推定されるが、そのかなりの部分を占めていたという。大森銀山とも呼ばれ江戸時代初期は佐摩銀山と呼ばれた。明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。2007年7月2日。世界遺産に登録されました。地元の人が守りつづけてきた歴史的遺産と情緒あふれる街並。豊かな自然。■場所/島根県太田市大森町■問合せ/太田市観光協会http://www.mapfan.com/spotdetail.cgi?SPOTCODE=S14...
電話番号0954-89-9090
 高ヒット
2011-12-24 16:49  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 6966hit ]
 歴史民俗資料館には、江戸時代、毛利藩永代家老の要職にあった益田家や育英館に関する資料、須佐唐津焼の歴史や国内最古言われる青磁器類などを展示。隣接する益田家のお屋敷・益田館には当時の民俗資料が展示されています■アクセス /JR須佐駅から車で2分 ■駐車場 /有/普通車5台    大型バス1台■開館時間/9:00〜16:30■休館日/月曜日、祝日の翌日・年末年始(12月29日〜1月3日まで) ■問合せ/08387-6-3916■入館料/ 大人300円 小・中学生150円         &n...
郵便番号759-3411
 高ヒット
2011-12-25 14:10  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 7035hit ]
 朝鮮や中国にも比べられるすぐれた青磁器が焼かれた須佐唐津焼。江戸時代には益田家の御用釜として栄えました。須佐唐津窯跡は山口県文化財に指定されています。伝統的な須佐唐津焼は受け継がれており、近くの「唐陶庵」で販売しています。                  ■TEL/ 唐陶庵(伊藤)08387-6-3869 ■アクセス /JR須佐駅から車で7分                ■駐車場/ 有/3台(マイクロバ...
電話番号08387-6-3869
郵便番号759-3411
 高ヒット
2012-1-18 14:41  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 3663hit ]
 心光寺があるのは育英小学校の裏になる。幕末にはこの寺で勤王僧月性と久坂玄瑞が勤王討幕を論じたこともあった。禁門の変のあと、益田右衛門介親施が切腹させられると、大谷樸助、河上範三らが回天軍を組織してここに立て篭もった。更に維新後、萩の乱に際して、前原一誠が立ち寄った記録も残されている。 大谷樸助の墓を探して墓地を歩いたが、大谷家の墓が複数あって、どれが大谷樸助の墓か特定できなかった。■アクセス JR須佐駅から3分
 高ヒット
2012-1-20 14:22  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 3984hit ]
 大化6年(650)宇佐八幡宮から勧請して松ヶ崎に社殿が建てられて寛永16年(1639)現地に遷された。社前に並ぶ灯篭は、 益田就恒はじめ親施など益田家歴代領主が、江戸参勤から帰国のつど奉納されたもので、昭和51年12月16日須佐文化財に指定。 ■アクセス JR須佐駅から3分
 高ヒット
2012-1-18 14:39  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 3290hit ]
三蔭山神社は、明治二年(1869)山口藩士兼重厚平によって建てられた招魂社である。禁門の変、戊辰戦役で戦死した十八名の霊が祀られた。 須佐の街の史跡には一つ一つに丁寧な説明板が付されていて感心するが、三蔭山神社は雑草が伸び放題で、社殿も半壊状態である。せっかくの史跡が朽ちることのないように願いたい。 須佐の街の史跡には一つ一つに丁寧な説明板が付されていて感心するが、三蔭山神社は雑草が伸び放題で、社殿も半壊状態である。せっかくの史跡が朽ちることのないように願いたい。 ■アクセス JR須佐駅から1分
 高ヒット
2012-3-13 11:49  投稿者:  (記事一覧) [ 6136hit ]
 平安時代の後期、浄蔵(母は嵯峨天皇の孫)は祈念により高貴な人々の病を癒す人として崇められていました。その浄蔵が都を出て、諸国遍歴してこの地に留まり、74歳で没したと言われています。その後益田元道により浄蔵貴所の塚が建てられ、後に鏡山神社として創建されました。社殿左の石段の上には清水が湧き出して、古来眼病に効果があるとして今も 1月1日10時から鏡山神社参拝ツアーがあります。エコロジーキャンプ場で浄蔵貴所様の紙芝居を見ることができます。■場所/エコロジーキャンプ場から徒歩30分■問合せ/エコロジーキ...
 高ヒット
2012-3-13 13:33  投稿者:  (記事一覧) [ 4391hit ]
 益田家33代贈正四位親施(ちかのぶ)を祀る。境内の鳥居と灯篭に刻まれた元治3年、4年(元治年号は2年しかない)の刻銘は君主の悲憤を想い、徳川慶喜に応ずるの意を想わせる「慶応」の年号を認めぬ反骨精神の現われで、美弥郡美東町大田の金麗社に同様のものがあります。■場所/須佐歴史民俗資料館から徒歩1分(国道191号線中津の信号機を過ぎて鉄橋の右下)■駐車場/歴史民俗資料館:普通車5台、大型バス1台■問合せ/須佐歴史民俗資料館:08387-6-3916■アクセス/JR須佐駅から萩方面へ1分■ホームページ/民俗資料館http://susa.in/modules/...
 高ヒット
2012-3-10 15:35  投稿者:  (記事一覧) [ 4387hit ]
中国の伝説の帝である黄帝を、祀った社です。黄帝は、航海・造船の守り神として古くから崇められ、現在も海上関係者を中心に信仰されています。この社に奉納された多くの絵馬は、山口県指定文化財として指定されています。■アクセス/JR須佐駅より車で10分
 高ヒット
2012-1-18 14:24  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 4266hit ]
須佐初代領主益田家20代元祥(もとよし)以下代々の墓があり、益田時代の 合併墓もある。これだけ歴代領主の墓が揃つているのは、全国的にもめずらしいといわれている。昭和55年(1980)7月20日須佐町文化財に指定。  須佐歴史民族資料館から歩いてすぐの場所に益田家の墓所がある。益田家の家系は平安時代まで溯ることができる。益田家二十代元祥のとき、家康の誘いを断り毛利輝元に従って、それまで益田七尾八万石の城主から、須佐一万五千石の領主としてこの地に移住した。■アクセス / JR須佐駅から車で3分 
 高ヒット
2012-1-18 14:35  投稿者: YAMA (記事一覧) [ 4560hit ]
 育英小学校はかつて育英館のあった場所である。育英館は、享保二十年(1735)に益田家二十七代益田元道のときに開かれた学校である。吉田松陰の松下村塾とも交流があった。久坂玄瑞や伊藤博文がここを訪れ、一方で育英館の大谷樸助が松下村塾に送られた。■アクセス JR須佐駅から2分
1 - 15 件目 ( 16 件中)   前 1 2