大薀寺

大薀寺

大薀寺

大薀寺


須佐初代領主益田家20代元祥(もとよし)が、父藤兼の菩提寺とするため、弥富村にあった妙悟寺を移して建立、「大薀寺」と改めました。大薀寺は益田家初代から三十三代親施までの位牌が安置され、現在まで引き継がれてます。寺には室町時代に鋳造されたといわれている「梵鐘」など貴重な文化財も残されている。雪舟風庭園も見事です。

■08387-6ー2434

■アクセス JR須佐駅から3分

■駐車場 あり