神社


三蔭山神社は、明治二年(1869)山口藩士兼重厚平によって建てられた招魂社である。禁門の変、戊辰戦役で戦死した十八名の霊が祀られた。 須佐の街の史跡には一つ一つに丁寧な説明板が付されていて感心するが、三蔭山神社は雑草が伸び放題で、社殿も半壊状態である。せっかくの史跡が朽ちることのないように願いたい。

 須佐の街の史跡には一つ一つに丁寧な説明板が付されていて感心するが、三蔭山神社は雑草が伸び放題で、社殿も半壊状態である。せっかくの史跡が朽ちることのないように願いたい。

 

■アクセス JR須佐駅から1分